意外と知らないバイクの車検!知らないと危険!!

バイクに車検ってあるの?

バイクには車検があるバイクとないバイクがあります。車検があるバイクはエンジンの排気量が250CC以上から車検が必要になってきます。車検は2年に1回のペースで受ける必要がありますが、バイク屋に依頼する方法と自分で車検に通すユーザー車検の2つの方法があります。金額を安くするためには、自分で車検を通すユーザー車検が良いでしょう。しかし、不具合がある場合には車検に通らないためにバイク屋へ依頼する方が安心することができます。

車検がないバイクはどんな改造をしてもいいの?

違法改造をしているバイクは車検に通りませんが、249CC未満の車検がないバイクの場合はどうでしょう。確かに車検が必要ありませんが、車検が必要ないバイクでも公道を走るためには、車検基準を満たす必要があります。車検基準を満たしていないバイクで公道を走ってしまうと違法改造になってしまいます。違法改造にならないためには、車検をクリアする基準を把握しておく必要があるでしょう。これは、50CCの原付でも該当することです。

車検に通らないバイクってどんなバイク?

車検は必ず通るのではなくて、車検基準を満たしていることが条件になります。車検に通すためには、排気ガスの量やメーターが正常に機能しているかを確認します。ヘッドライトの光軸やブレーキも確認しますが、最も難しいのが光軸でしょう。車検基準は決して厳しい基準ではなくて、簡単な基準なので、車検に通ったからと言っても決して何処にも異常がないことを保証するものではありません。車検に通ったバイクでも日頃からの定期点検をすることで安全に走行できます。

広島の車検の手続きを進めるうえで、信頼のおける業者のサポートの内容や料金の相場を比較することが良いでしょう。